ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

「バイロイト音楽祭」というもの

e0038811_18435432.jpg
Festspielhaus Bayreuth, Foto: Deutschlandradio

先週、2006年のバイロイト音楽祭のチケット申し込み用紙が自宅に送られてきた。2年前の2003年、幸運にもたまたまチケットが手に入り、私はこの音楽祭を体験することができたのだが(「ジークフリート」と「神々の黄昏」の2演目)、それ以来、毎年秋のこの時期になると、翌年の音楽祭のチケット申込書が送られてくる。バイロイト音楽祭の存在は、たとえワーグナーに興味がなくても、一般に広く知られている。それはおそらく、この音楽祭がリヒャルト・ワーグナーの作品のみを上演するという特異なフェスティバルであること、そしてそのチケット入手が恐ろしく困難である、という2点によるところが大きいのではないだろうか(ワーグナーの思想云々については、ここではさておき)。

ところで、送られてきた水色のチケット申込書だが、私のアドレスの横に、

************SA-

というなにやら記号のようなものが記されている。これは一体何だろうか。

私のベルリンでの身近な知り合いの中にMechthildさんという方がいる。私の母親とほぼ同い年の、一見ごく普通のおばさんなのだが、実はワグネリアンである。先週、久々に彼女に会った時、見逃してしまいそうな上記の記号の意味を教えてくれた。一番右側の"A"は彼女もよくわからないが、おそらく"Anfang"の略ではないかとのこと。つまり、申し込みの最初の年を意味する。その隣の"S"は"spaet"の略。その翌年も申し込んだが、締め切りを過ぎていたということ。単に抽選に外れた時はどのように表記するのかはわからないが、こんな具合に毎年申し込むと、右側から左側に向かってその度に何らかの印が付けられていく。

では、一体いつになったらチケットが当たるのかというと、普通は最低6年と言われている。世界中にフェスティバルと呼ばれるものは星の数ほどあれど、1枚のチケットを手に入れるのに最低6年もかかるのは、おそらくバイロイトだけだろう。Mechthildさんはこの音楽祭の会員なので、毎年何らかのチケットが買えるらしいが、それでもそれが希望の演目でないということはざらのようだ。そんなわけで、彼女は自分の子供や知り合いにも頼んで、彼らの名前でチケットを申し込んだりもする。彼らはもともとワーグナーには興味はない。しかし、5年、6年経っても毎年送られてくるのは落選の通知のみという状況になると、だんだん興奮してきて、ついにチケット当選の知らせが届いた日には、「やっぱり自分が行きたい!」ということになるのだそうだ。観たいという希望者がここまで多い音楽祭とは一体どういうものなのだろうか、ワーグナーとやらには興味はないが、ここまで人を巻き込む音楽祭のチケットが手に入ったのだから、とりあえず行ってみようじゃないかと考えても、それは不思議なことではない。

今年のバイロイト音楽祭、大きな話題を呼んだのは、プレミエ(新演出)の「トリスタンとイゾルデ」を日本人の大植英次氏が指揮したことだろう。東洋人の指揮者がこの音楽祭で振ること自体、史上初という快挙だった。それで、この上演を聴いたMechthildさんに一体どうだったか聞いてみたところ、残念ながら指揮はよくなかったとのこと(あと演出も)。そうか・・こういう場で指揮することを任されたのだから大植さんは才能豊かな指揮者であることに違いはないのだろうが(私は聴いたことはないけれど)、ほとんどオペラ経験のない指揮者がいきなりバイロイトで成功できるほど甘くはない、ということかと私は思った。「では、今までバイロイトで観た中で最高の『トリスタン』は?」と聞いてみたら、「そうねえ。60年代に何度も聴いた、ベームが指揮して、ヴィントガッセンがトリスタンを歌ったあの舞台ね」とMechthildさん。ふぅー。CDにもなっている伝説的な上演を生で体験しているのだ、この人は。こういう演奏と比べられてしまったら、大植さんにとってはたまらないだろう。しかし、バイロイトの指揮台に立って「トリスタン」を振るということは、そういうことなのである。

では、そのバイロイト音楽祭、チケットもさぞかし高いのだろうとつい想像してしまいがちだが、送られてきたパンフレットを見ると、実はそれほどではないことがわかる。一番高い席は208ユーロだが、ウィーンやミラノのオペラ座が日本公演をする際の最高席である6万や7万という値段に比べると、その半分以下だ。席はさまざまなカテゴリーに分かれているが、一番多いのは100から150ユーロの間。安い方になると、32とか24ユーロという具合。一番安い席はなんと6,5ユーロ。ラーメン一杯とそう変わらない。ただしこれは、舞台がほぼ全く見えない、音を聴くのみの席だという。しかし、Mechthildさんは、「ひどい演出の時もあるから、この席で聴いてよかったと思う場合もあるのよ」と笑って話してくれた。ちなみに私が2年前に観た2公演のうち、「ジークフリート」が15ユーロぐらいの席だった(目の前に大きな柱があって、舞台は半分しか見えなかったが)。ワーグナーという人は、意外に寛大なところがあって、自身が始めたバイロイト音楽祭、自分の音楽を聴きたい人には無料で聴かせるというのが当初の理想だったらしい。資金難ゆえに、この理想は実現しなかったが、現在でも彼の理想は多少なりとも叶えられていると言っていいのではないだろうか(実際は、チケットの枚数に比べて観たい人の数があまりに多いため、裏でのチケットの値段は高騰する一方なのが皮肉ではあるけれど)。

e0038811_98175.jpg
私はもともとワグネリアンではないし(ワーグナーは好きだが)、日本にいた当時は、バイロイト音楽祭なんて遠い世界の話でしかないと思っていたのだが、ドイツに来て、Mechthildさんのような「大らかな」ワグネリアンの話を聞いているうちに(彼女からは他にも楽しいエピソードをたくさん聞いた)、この音楽祭が次第に身近なものとして感じられるようになっていった。まさにこういう時に、バイロイト音楽祭を生で体験する機会がふとやってきたのである。ずいぶん長くなってしまったが、機会があったらこの時の話もまたしたいと思う。

関連記事:
後に、ここに登場するMechthildさんに往年のバイロイト音楽祭の話を伺いました。バイロイトファンの方はよかったらご一読を。
バイロイト談義(上) - メヒティルトさんに聞く(2) - (2007-03)
バイロイト談義(中) - メヒティルトさんに聞く(3) -
バイロイト談義(下) - メヒティルトさんに聞く(4) -

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-09-21 02:10 | ベルリン音楽日記 | Comments(5)
Commented by smacks at 2005-09-22 01:26
なんだか私までバイロイト行きたくなってきました。ワグネリアンでも特別にワーグナー好きなわけでもない私が! 5-6年も待たねばチケットが手に入らないフェスティバルなんて、あまりのことで、これは一応フェスティバル同業者として体験してみなければいけないという気持ちにさせられます。とりあえず目標、あと10年以内に達成してみたいです。具体的にどうすればいいのかしら?
Commented by berlinHbf at 2005-09-22 08:51
バイロイトのチケットを手に入れるには、日本ワーグナー協会に入るとか、ツアーに参加するなどの方法もあるようですが、smacksさんのように「10年計画」というおつもりでしたら、音楽祭の事務所に一度連絡を取って、私のように毎年申込書を送ってもらうのが一般的な申し込み方法だと思います。ファックスやメールでのチケット申し込みは不可だそうです。運がよければ、smacksさんの方が私より早く当選するかもしれませんよ。がんばりましょう、お互いに^^;)。
Commented by hummel_hummel at 2005-09-22 18:19
最低6年ですか…、気長に待ちます(苦笑。
おおらかなワグネリアンおばさんのお話、とても◎です!
なにかとお騒がせのバイロイトですが、こういったファン層が、音楽祭を支えているんでしょうね。(こちらからもTB打ちました)
Commented by berlinHbf at 2005-09-23 06:14
大分前ですが、「バイロイト音楽祭の休憩時間中、一見普通のおばさんなのだが、そばに寄ってみると、演出や歌手の出来などについて熱心に語っている人たちがいてびっくりした」というようなことが書かれた記事を日本で読んだことがあるのですが、まさにこんな感じですね。こういうワグネリアンもいるのかと思うと、ワーグナーに対してちょっとは親しみが涌いてきます。TBありがとうございました。
Commented at 2011-05-19 02:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング