ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

変貌する「テロのトポグラフィー」

e0038811_1717431.jpg
ポツダム広場に近いニーダーキルヒナー通り(Niederkirchner Str)の壁は、「イーストサイドギャラリー」を除けば、ベルリン市内に残る「壁」の中ではおそらく最長だろう。昼間は観光バスの流れが絶えない場所だ。

e0038811_17101677.jpg
この裏手の広大な敷地は、ナチス時代にSS(親衛隊)とゲシュタポの本部があったところ。ここは1987年から、発掘された地下牢のスペースを使って、国家によるテロ、すなわちナチス時代の恐怖政治の歴史を伝える野外展示場になっている(それゆえ名前は「テロのトポグラフィー(Topographie des Terrors)」)。ベルリンに数あるオープンギャラリーの中でも、もっとも強烈な印象を与えるものだった(写真は昨年夏の様子)。

e0038811_17114350.jpg
先日久々に足を運んだら、あの野外展示はなくなっていた。どうしたのかと思い調べたら、展示会場は南側に移動したとのこと。長年の議論の末、「テロのトポグラフィー」の記録センターを造る工事が今着々と進んでいるのだ(現在の様子はこちらで見ることができる)。予定では、(ヨーロッパにおける)第2次世界大戦終結65周年の2010年5月8日にオープニングを迎えることになっている。

この「テロのトポグラフィー」については、以下のサイトが詳しいです。
テロ・トポグラフィー(テロの地勢図) BMK Berlin

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-04-15 10:54 | ベルリン発掘(境界) | Comments(10)
Commented by noriko-happylog at 2009-04-18 01:31
壁がなくなって今年で20年ですね。とても早いように感じます。2番目のところへは行った事があるのですが移動したのですね。ここを見た時に少し怖かった印象があります。
Commented by くまびえべる at 2009-04-18 16:11 x
はじめまして。「ドゥダメル」の検索でこのブログにお邪魔いたしました。
ドゥダメルのベルリンフィルとStaatoparを聴くために3月2週続けてベルリンを訪問いたしました。ロンドン(現在在住)、あるいはドイツの他都市(フランクフルト、ミュンヘン等)と比べて金銭的に豊かではないように感じました(何人か偶然お話できた現地の方もそう仰っていました)が、あのような優れた音楽があることに驚きました。また、建築もドイツらしい、無駄のないデザインではありますが、新築も含め非常に立派な建物が多いと感じました。これらは政府の助成がベルリンにハード、ソフトともに注がれている故、ということなのでしょうか。「壁」の跡の少ないことに驚きました。忘却することは強さなのか、「賢者は歴史に学ぶ、愚者は経験に学ぶ」なのか、思わず考えました。
Commented by berlinHbf at 2009-04-20 06:06
noriko-happylogさん
>ここを見た時に少し怖かった印象があります。
かつての地下牢を使った展示ということで、とても生々しいものを感じました。あの展示物がどういう建物の中に収まるのか興味があるところです。
Commented by berlinHbf at 2009-04-20 06:14
くまびえべるさん
はじめまして。確かにベルリンは経済的にあまり豊かな町ではありません。ただ、それ以外の何かが不思議と豊かなのが面白いところです。音楽もその1つでしょうね。ベルリンに比べるとロンドンは別世界のようなイメージです。いつかゆっくり訪ねてみたいですが、ベルリンの物価に慣れてしまうとなかなか^^;)。
Commented by Shuji Kamano at 2009-04-21 00:05 x
最近熊谷徹氏の観光コースでないベルリンという本が出ていて,地図を参照しながら読んでいるのでなかなか捗りません。少し気になったのは Guenter Litfin の弟が Kieler Str. の残された監視塔を借りて資料館を開いているというのとトンネル大脱走の現場 Strelitzer Strasse 55 に銘板があると言うことです。社会主義時代は Egon Schulz Strasse となっていたことを70年に買った地図で確認しました。
Commented by berlinHbf at 2009-04-22 17:12
Kamanoさん
コメントありがとうございます。熊谷さんの本は私も読んでみたいと思っていました。
>Guenter Litfin の弟が Kieler Str. の残された監視塔
これは行ったことがあります。川沿いにあって、散歩コースとしてもなかなかいいです。

>トンネル大脱走の現場 Strelitzer Strasse 55 に銘板がある
記念プレートの存在は知っていましたが、こちらはまだ見たことがありません。今度チェックしてみたいと思います。
Commented by isamu at 2009-04-22 21:50 x
こんばんは何回目かの書き込みです。

私は、ピーターズントーというスイスの建築家が好きで彼がコンペで勝ったと聞いて2006の訪独の際にこのあたりをウロウロ歩いたものの建築に巡り合えませんでした。当時は簡単に移設できそうな建物でゲシュタポの展示をしていた気がします。

その謎がやっと分かりました。

建設費が掛かりすぎて一度ぶっ壊してやり直しコンペを開いたと言うことみたいですね。ズントーFANとしては残念ですが、何かすっきりした気がしました。

それにしてもベルリンを再訪したくなる危険なブログですな(笑)。
Commented by berlinHbf at 2009-04-24 16:36
isamuさん
久々のコメントをありがとうございます。
「テロのトポグラフィー」はここまでくるのに本当に長い年月がかかりました。来年完成したら、ホロコースト記念碑と並んで、中心部の歴史記念碑の目玉になるでしょうね。

Peter Zumthor氏はお気の毒でした。スイスに行ったら、彼の作品をぜひ見てみたいです。
Commented by banaco at 2009-05-07 00:11 x
初めまして。
だいぶ前からブログ楽しみに見てました。ベルリンが大好きなので。

野外展示が無くなってしまった写真を見て余りにショックでコメントしてしまいました。。
今年ベルリンに行く時、また行こうと思っていたので大ショックです。。。
地下に展示してあるからリアルでいいと思っていたのですが。

ベルリン、古いものがどんどん無くなって行く気がします。
ホテルUnter den Lindenやシェーネフィールド空港もショックでした。
また早く行かなくちゃ、と思ってます。
Commented by berlinHbf at 2009-05-10 18:04
banacoさん
はじめまして。
あの野外展示はある種の生々しさがあって、私も印象に残っていました。いま建設中の新館はかなりの大きさですから、一体どういう展示になるのか、私も興味を持って見守っています。

シェーネフェルト空港、2011年に予定通り完成するのか、こちらも興味津々です。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング